アニメーションを制作する仕事に就くために

アニメーション制作の仕事には特別な資格はありませんが、絵を描くスキルが求められます。アニメーションの絵を学ぶなら、専門学校や美術大学などに通っておくと良いでしょう。

アニメーションを高校から学ぶ場合と高校卒業して学ぶ場合を比較

独学かアニメーションコースで学ぶか

普通科などの高校に進学した場合、ほとんどのケースでは独学でアニメーションを学ぶことになりますが、本業に支障を出さないように配慮しなければなりません。また通信制の高校の中には、アニメーションコースを設けているところがあります。高校のうちから本格的に学びたい場合は、このような学校に在籍するのも選択肢の1つとなります。

専門学校などでしっかり学ぶ

高校ではアニメ以外のことをしっかり勉強して、高校を卒業したら本格的にアニメーションを学んでも遅くはないでしょう。その場合、アニメ系の専門学校などで学ぶことになりますが、学校で勉強しながらアルバイトなども行えます。アニメ一辺倒ではなく、色々なことを学べて視野が広がるでしょう。

好きなことを楽しみながら専門性が身に付く

道具

アニメを学べる高校では、高校卒業の資格が取れることはもちろんのこと、高校という3年間の期間があるため基本から実践に至るまでしっかり学ぶことができ、現場で役立つ技術を習得することが出来る点で人気があります。また、早くから専門コースを専攻することで将来のビジョンが明確になり、目標に向かう道のりが短縮されるという点も大きいようです。元々アニメーションが好きな学生は、他の科目に比べ学習することも苦にならないため、楽しみながら学ぶことが出来ます。

独自の授業カリキュラムやイベントが充実

描く人

アニメ科を設けている高校では、他の高校にはない独自のカリキュラムが充実しているところが多くあり、それも人気がある理由です。例えば「グループ制作」などで、メンバーとのコミュニケーション能力やマネジメント力を学んでいきます。これはクリエイターには不可欠な能力の一つで、他の専攻科も交えた共同作業をすることで更にその幅を広げることが可能となります。また、学内では文化祭や作品発表会などのイベントで、定期的にアニメ作品を披露する機会が多いため、自然とモチベーションが上がっていきます。

インターンシップ制度などがある学校も

イラスト

高校のアニメーション科では、多数の企業が参加する「企業説明会」を開催するところもありますし、在学中から実際に企業で仕事をする「インターンシップ制度」を設けている高校もありますので、そういった制度があるなら大いに利用してみると良いでしょう。また、「作品審査会」などがある高校なら、採用担当者に自分のアニメ作品をアピールすることも出来ます。そこで高い評価を得られれば、就職内定をもらうことも可能となります。

サポート体制を大いに利用しよう

描く人

アニメを学べる高校では、アニメ作品の質をより高めるための技術的なサポートをはじめ、就職対策サポートなどにも力を入れています。面接対策などの個別指導もしてくれる高校も多く、一人ひとりに細かいケアをしてくれるのが特徴です。

広告募集中