HOME>注目記事>専門学校でアニメーション制作について学ぼう

アニメーション制作を仕事にするために必要な資格

アニメを作る仕事に憧れている人は多いです。アニメ作りには特別な資格はないので、誰でもチャレンジすることはできます。ただし、絵のスキルは求められます。

アニメーションを専門学校で学ぶメリット

最新の設備を利用できます

アニメ系の専門学校には、パソコンや専用のソフトなど充実した設備が揃っています。スキルアップするためにはとても良い環境です。

専門の講師のもとで学べる

専門学校では、その道のプロが講師として招かれることがあります。そのような人たちから確かな技術を学べます。

同じ志を持つ仲間に会える

専門学校には同じ志を持つ人達が集まります。そこで切磋琢磨してスキルアップすることができます。

アニメ業界のことが分かる

専門学校とアニメ業界にはつながりがあるので、業界のことについて詳しく知ることができます。

就職に有利になることも

独学だとアニメ業界への就職は難しいですが、専門学校では就職に対するサポートがあるので有利です。

携われる将来の仕事を意識する

原稿用紙

アニメに関われる仕事は思いのほかたくさんあります。作画するアニメーターやキャラクターに命を吹き込む声優はわかりやすいですが、脚本家や音響、範囲を広げれば宣伝広報まで職種は様々です。コースの多い専門学校は途中で進路変更することも可能なため、迷っている方はたくさんのコースがある専門学校にしておくと、進路変更が容易です。入学時に体験授業が受けられるのならば、気になるクラスを複数見ておくのも失敗しないコツです。学べることの専門性が高いだけに選ぶ際は慎重に選びましょう。

講師陣の実績から作品をイメージする

絵を描く

専門学校の授業を担当する講師の関わってきた作品を確認しておくと、受けられる授業を何となくイメージすることができます。声優であれば舞台系の役者さんや、ゲームの仕事が多い役者さんなど関わってきた仕事で、教え方や考え方が異なります。アニメーターさんでも日常系のアニメとSFの3Dを使ったものでは、必要な技術も作画方法も違います。気になる方がいれば、その方の手がけた作品を少しチェックしてみるのも参考になります。教えてくれる根本の思いは同じでも講師によってアプローチの方法が違うので、自分の目指したい方向や進みたいものに少しでも近い人を講師に選ぶと将来像が描きやすくなります。進む方向がきちんと見えていることはモチベーションを維持する上でも重要です。

広告募集中